解体の必要ナシ!IKEAの不要な家具引き取りの特徴や強みをご紹介

「不要な家具を処分したい」
「IKEAで家具の引き取りはしてくれるのだろうか?」
と疑問に思う方も多いと思います。

安価で使い勝手の良いな家具が手に入ることで有名なIKEAですが、不要になった家具の引き取りを行ってくれるのならより便利に感じますよね。

結論から言うと、IKEAには家具引き取りサービスがあります。
しかもこのサービスはとても便利であり、詳細について知っておけば家具を回収してもらいたいときにきっと役に立つでしょう。

今回はIKEAの家具引き取りサービスの特徴、強み、注意点、流れ、サービスの利用がおすすめの人について詳しく紹介していきます。

IKEAの家具引き取りサービスに興味がある方はぜひ参考にしてください!

IKEAとは

IKEAはスウェーデン発祥の家具販売店で、世界各国に出展している世界最大の会社です。IKEAが販売する家具は、現代的なデザインでありながら価格が安いことが特徴です。

店舗は主に郊外にあり、購入者が容易に自宅で組み立てできるような半組み立て家具を自社開発しています。

IKEAの不要な家具引き取りの特徴・強み

IKEAの家具引き取りサービスは、原則として新しい家具を購入したときに、古い家具を引き取るという方式をとっています。

この時、購入した家具と引き取ってもらう家具は、同じ種類、同じ数である必要があります。
引き取りサービスのみの利用はできないので注意してください。

家具を配送してもらう場合は、配送日に家具の引き取りを行っています。配送の送料さえ支払えば、家具の引き取りサービスは無料で行ってもらえます。

田岡
田岡

なるべく安く家具を回収してもらいたい方にはぴったりのサービスと言えます。

また、オンラインショップで家具を購入した場合は家具の引き取りサービスを利用できないのでご注意ください。

引き取りはIKEA家具のみ

IKEAの家具引き取りサービスの対象になっているのは、IKEAの家具のみです。
他社の家具は対象外になります。

また、引き取りサービスの対象になっているのはベットとマットレスのみです。
しかしIKEAには家具の買取サービスもあり、このサービスを使えばベットとマットレス以外の家具も引き取ってもらうことができます。

引き取りできないケース

ベットとマットレス以外の家具は引き取りサービスの対象外です。

しかし、買取サービスを利用すれば、上記二点以外の家具も引き取ってもらえます。
ただし、買取サービスの場合は屋外で使用したもの、大きすぎるもの、ガラスなど鋭利なものなどは対象外になります。

店頭持ち込みも可能

買取サービスを利用する場合は、店舗へ家具を持ち込むこともできます。
ただし、買取可能な家具は組み立て済みのものになりますので、解体して持ち込んだとしても、店舗で再度組み立てが必要になります。

買取サービスには店舗への持ち込みだけでなく、出張買取として引き取りに来てもらうこともできるので、大きな家具の場合は出張買取を利用することをおすすめします。

IKEAの不要な家具の引き取りの流れ

まず、店舗にてベットまたはマットレスを購入します、購入後、配送サービスを申し込むときに同時に引き取りサービスも申しこみます。配送サービスには5,500円が必要です。
申込書に必要事項を書き込み、最後には署名をします。

配送日当日は、引き取ってもらいたい家具を解体して玄関まで運び出します。
配送スタッフが解体をしてくれることはありませんので、ご注意ください。

買取サービスを利用する場合は、店舗に持ち込む前にメールで買取査定を依頼する必要があります。
公式WEBサイトを通じて、買取を希望する家具の情報を入力します。

するとメールで査定結果が届くので、結果に納得が行けば買取へと進みます。

買取は出張買取として自宅まで引き取りに来てもらうか、自分で店舗に持ち込むかの二つの方法が選べます。
出張買取の場合は引き取りに来た業者に家具を引き渡し、店舗に持ち込んだ場合は組み立てた状態で家具を渡します。

こんな場合におすすめ

IKEAの家具引き取りサービスがおすすめな人は、以下の条件を満たす人です。

  • IKEAでベットまたはマットレスの購入を検討している。
  • 引き取ってもらいたい家具がIKEA製品である。
  • 買取サービスを利用したい。

IKEAの家具を処分したいと考えるなら、IKEAの家具引き取りまたは買取サービスが一番便利で簡単に利用できます。
この記事を参考にして、ぜひ活用してみてください。