自分で掃除していい?引越し時にハウスクリーニングするときの注意点

引っ越し時には、退去前の部屋をハウスクリーニングする必要があります。
しかし、ハウスクリーニングについて詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?

今回は、引っ越し時のハウスクリーニングの方法や料金、またトラブルの解決法を紹介したいと思います。引っ越す予定のある人、引っ越しを考えている人は必見です!

引越し時にはハウスクリーニングをする必要がある

ハウスクリーニングは、プロの業者が家の清掃を行ってくれるサービスです。
通常の掃除では落ちない汚れも、プロの技術できれいにしてくれます。

メモ

原則、賃貸であれば退去時には、掃除や原状回復をした上で家を返すさなければいけません。

汚れや破損が残った状態で退去すると、入居時に支払った敷金からハウスクリーニング代を引かれたり、追加で清掃代を払う必要が出てきます。

余分なお金を取られないためにも、退去前にはハウスクリーニングをした方が良いでしょう。

引越し時にハウスクリーニングをする方法

退去前に家をきれいにすると聞くと「自分で掃除をすれば、わざわざ業者に頼まなくても良いだろう」「自分で掃除をした方が安くすむだろう」と思うかもしれません。

しかし、貸主は次の住人に貸し出す前に、業者に頼んでハウスクリーニングをするのが一般的です。
自分で掃除をしてきれいになる範囲だけでなく、プロの手で掃除をした方が、次の住人が安心して住むことができるからです。

ここからは業者に頼むこと前提にしたハウスクリーニングの方法を2つご紹介します。

貸主指定の清掃会社に任せる

もっとも一般的な方法は、貸主指定のハウスクリーニング業者に任せる方法でしょう。

退去後にハウスクリーニング業者が来て清掃を行なってくれます。手続きや立ち合いも不要な場合が多く、後から料金が請求されます。
この料金は入居時に支払った敷金から引かれる場合がほとんどで、足りない場合のみ支払う必要があります。

しかし、業者が清掃してくれるので自分は何もしなくて良いというのは大きな間違いです。

田岡
田岡

当たり前ですが、部屋が汚れているほど、修理する必要がある傷が多いほどハウスクリーニング代は高くなります。

なので請求される料金を抑えるためにも、退去前には自分でもある程度清掃しておくことをお勧めします。

自分でハウスクリーニング業者を探す

自分でハウスクリーニングの業者を探すという方法もあります。この方法のメリットは、自分で業者を探すので、リーズナブルな業者をえらぶことができるところです。

注意点としては、自分で業者を探す前に貸主に確認を取る必要があるということです。ハウスクリーニングが必要かどうかを決めるのは貸主です。

注意点

すでに貸主がハウスクリーニングの業者と契約しており、清掃が不十分と判断された場合は、二重で料金を払わなければいけないかもしれません。

自分でハウスクリーニングを依頼したい場合は、必ず事前に貸主の確認を取るようにしましょう。

ハウスクリーニングの料金に注意

貸主に確認して、自分でハウスクリーニングを選ぶ際には料金にも注意が必要です。

ハウスクリーニングの相場を知っている人は少ないでしょう。貸主ならともかく、普通の住人であれば一般的な料金など知らなくて当然です。

悪徳な業者の場合、このことを利用して通常よりも高い料金を請求してくることがあります。不当に高い料金に気づくためにも自分でハウスクリーニングを選ぶなら、複数の業者に見積もりを依頼した方が良いでしょう。

田岡
田岡

相場を知ることができますし、悪徳業者に気づきやすくなります。

また反対に、通常より極端に安い料金を提示する業者も存在します。このような業者は、清掃が雑だったり、手数料を取られて結局料金が高くなる可能性が高いです。

料金が高すぎる業者も安すぎる業者も、避けた方が良いと言えます。

現状回復でのトラブルが発生した場合は国民生活センターへ

依頼した覚えのない事柄まで請求が来ている、貸主が依頼したハウスクリーニング業者の費用が不当に高すぎる、など退去時の清掃に関するトラブルは意外と多いです。

このようなトラブルを防ぐためにも、清掃前には契約を確認するようにしましょう。費用を請求された時は、必ず明細をよく見て、納得のいかない箇所がある場合は業者や貸主に説明を求めるのが良いです。

トラブルは話し合いなどで解決するのが一番ですが、解決しない時や困ったときはすぐに国民生活センターに相談するようにしてください。